交通事故を防ぐために

当たり前の話ですが、交通事故を起こしたくて起こしている人はいません。
気をつければ防げた事故は多くあります。
交通事故を防ぐためにも、どういうときに事故が多くなるのかを知っておく必要があるでしょう。
まず、天候によって事故率が変わってきます。
首都高速のサイトによると、雨の日は晴天の日に比べて5倍の件数の事故が発生するそうです。
確かに、雨が降ると見通しは悪くなり、サイドミラーやバックミラーが水滴によってしっかりと見えなくなる時もあります。
そして、雨の日は高速などでは、ハイドロプレーニング現象が起き、ハンドルやブレーキ操作が効かなくなってしまうといったことも起きる可能性があります。
バイクでは雨の日はスリップや転倒の危険性が高まります。
そして、自動車学校でもよく教えられるのが、魔の時間帯である夕方です。
夕方、だんだんと暗くなってくる時間は特に死亡事故が最も多い時間帯なのです。

私たちの目が暗順応できずに、視界がはっきりとせず、事故を起こしてしまうのです。
早めのライト点灯が事故対策につながります。
そして最後に、疲れた時の運転はNGです。
体が疲れているときは、集中力も切れ、普段できている注意ができなくなってしまいます。
疲れた際には運転はなるべくしないようにしましょう。

さて、事故が起きやすい条件がわかったら、なるべくその条件を避けることができるでしょう。
そして、さらに自ら交通事故を起こさないために行うことのできる対策としては、運転に気を配ることです。
簡単な運転時の注意によって、交通事故の発生率は下げることができます。
それではどのようなところに注意していけばいいのかを見ていきましょう。



▼推奨サイト
法律事務所の無料相談を利用すれば交通事故の被害にあった際の慰謝料増額ができる可能性があります ⇒ 交通事故 慰謝料増額